ダイアトニックコードの作り方

どうやってコードを作るのか?答えは簡単で、音を1つ飛ばしに積み重ねるだけなんです。

Cメジャースケールの場合、トライアドだと「ドミソ」だったでしょ?こんな感じで4つの音を積み重ねるのですから、「ドミソシ」の4つでダイアトニックコードのCM7の出来上がりです。

CM7

「ドミソ」でCメジャーですから、そこに7度の音である「シ」を付け加えればCM7です。

それではベースのフィンガーボード上で確認してみましょう。

フィンガーボード上のCM7

ここでは4弦8フレットの「C」を基にしたCM7を例にしましたが、この運指のまま別のフレットに移動すればそれぞれのコードでのメジャー7thを作ることができます。
例えば、上の例で全体的に2フレット高いところに移動すればDM7になるということです。

ダイアトニックコードはこのように「ドレミファソラシド」の中から一つ飛ばしで「ドミソシ」と4つ積み重ねることによって作ることができます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP