【難しい?】なぜチャーチモードを勉強すると混乱するのか?

チャーチモードについて覚え始めようとしたときに、まず誤解しやすいのは「ドレミファソラシドのレから弾きはじめると・・・」などという言い回しのせいではないでしょうか?

多くの書籍などでは、チャーチモードについて紹介するときにドレミファソラシドの”レ”からはじめるとドリアン、”ミ”から始まるとフリジアンなどと書かれているようなのですが、実はこれが勘違いしやすいポイントだったりします。

確かに”レ”から弾きはじめるとドリアンになるのは間違いではありませんが、”レ”つまりDの音がルートになっているので、これは「Dドリアン」になってしまいます。

ドレミで話をするのであれば、Cキーで話を進めなければややこしくなってしまいますが、多くの書籍などでは「解りやすくしよう」との意識が先行して余計にわかりにくくしてしまっているのですね。

「レからはじめれば・・・」とか「ミからはじめれば・・・」というのは間違いではないのですが、勘違いしやすいので注意しましょう。

そのまま弾くとルートが変わりますからね。

どうせならドレミファの運指でレのポジションから弾きはじめると・・・と、言う具合に覚えた方がいいのかも知れません。

チャーチモードで「弾きはじめる音が変わると」というのは、メジャースケールが全全半全全全半の並びであったのが、一つずらすと全半全全全半全の並びになるということです。

チャーチモードではメジャースケールの音の並びを一つずつずらしていくと7つのモードを導き出すことができ、メジャースケールと同意のイオニアンから一つずらすとドリアン、2つずらすとフリジアン、3つずらすとリディアン、4つずらすとミクソリディアン、5つずらすとエオリアン、6つずらすとロクリアンとなります。

「ずらす」って解りにくいですか?

それでは、実際に「ずらす」とはどういうことなのかを見てみましょう。

チャーチモードを「ずらす」って?

まず、皆さんはCメジャースケールをどのような運指で弾くことが多いですか?

私は人に「ドレミファソラシドを弾いて!」と言われると、下のように弾くことが多いです。

ドレミファソラシド

これはCメジャースケールであり、チャーチモードで言うところのイオニアンでもあります。

メジャースケール=イオニアンですからね。

コレをひとつずらすと下のようになります。

Cドリアン

これがCドリアンです。

4弦8フレットがルートであることは変わりませんが、メジャースケールの運指のまま1音ずれると次のモードになるということです。

先ほどのCイオニアンと今回のCドリアンの運指を比べると、ルートの音はCであることには変わりありませんが、Cドリアンは「C音をルートとしてレミファソラシドレ」の運指で弾いています。

わかりましたか?

1つずつずれる度に「イドフリミエロ」の順にチャーチモードが変わるということになります。

「レから弾きはじめると・・・」と言われると、Cメジャースケールのポジションのままレ(D)から弾いてしまいそうですけど、それだとDドリアンになってしまいます。

Cキーであれば、7つあるいずれのチャーチモードにしてもルートの音はCであることに注意しましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP