「度」と「音」

まず、初めに2つの用語を覚えていただきます、それが「度」と「音」です。

ルートがC(ド)だったとして、E(ミ)やG(ソ)までどれだけの距離があるのかを表すための単位のようなものです。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

先の例のようにCがルートだったとして、Eは3度でGは5度と数えます。

01_1_1

C・D・E・F・G・A・Bと並べて指折り数えて、ルートになるCが1とすればDが2度、Eが3度、Fが4度、Gが5度ということです。

このそれぞれの距離を音楽の用語で「度」といい、CがルートであればEは3度で、Gは5度ということです。

この「度」という数え方はコード進行の話などに頻繁に出てくるので覚えておきましょう。

「音」も度と同じく音と音の距離を示す単位のようなものですが、ベーシストの方は単純に1フレットで半音、2フレットで全音と覚えておきましょう。

また半音のことを0.5音、全音のことを1音ともいいます。

「度」と「音」のどちらもある音から音までの距離を表す単位なのですが、使い道が少し異なります。

次からその違いについて説明します。

「度」と「音」の違い

ドレミファソラシ、つまりC・D・E・F・G・A・Bの音と音との距離は実はすべてが同じではないのです。

例えばCとDであれば全音、DとEも全音の距離ですが、EとFの間の距離は半音なのです。

コレを「度」でみてみると、CとDの距離は1度で、DとEも1度で、EとFの間の距離も1度なのですが、「音」でみるとCとDの距離は1音で、DとEも1音で、EとFの間の距離は半音になります。

すこしややこしいですが、「度」ではそれぞれの間隔は無視して単純にドレミファソラシの音階の数で数えますが、「音」は実質の距離(フレット数)で数を数えます。

例えば、Cを基準にFは何音になるのかというと、CからDで1音(全音)、DからEで1音(全音)、EからFは0.5音(半音)ですので、合計2音半(2.5音)となります。
(ちなみに「度」では4度ですね)

この「音」という単位は音と音同士の距離感を説明するときやスケールの説明でよく使いますのでしっかり覚えて置いてください。

ギターを弾いている人であればチョーキングの音程をどこまで上げるのかで「1音チョーキング」「1音半チョーキング」なんて使い方をしますし、ベーシストでもベースのチューニングを4弦解放をE♭にチューニングすることを「半音下げチューニング」って言うでしょ?

あの「音」のことです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長2度と短2度

長2度と短2度

長3度と短3度

長3度と短3度

音程って何だ?
完全5度

完全5度

完全4度

完全4度

長6度と短6度

長6度と短6度

長7度と短7度

長7度と短7度

Menu

HOME

TOP