長2度と短2度

「ド」と「レ」、「レ」と「ミ」のように隣り合う音との距離を「2度」といいます。

「ド」と「レ」は2度で、同じく「レ」と「ミ」も2度の関係で、「ミ」と「ファ」も2度です。

それではベースの指盤上でそれぞれ確認してみましょう。

2度の関係

「ド」と「レ」、「レ」と「ミ」、「ミ」と「ファ」のぞれぞれ同じ2度の関係ではありますが、「ド」と「レ」・「レ」と「ミ」が1音(2フレット)開いているのに対して、「ミ」と「ファ」は隣のフレット(半音)なのですが、これも同じく2度です。

このように「ド」と「レ」や「レ」と「ミ」のように1音の距離にある2度のことを長2度といい、「ミ」と「ファ」のように半音の距離にある2度のことを短2度といいます。

「ド~レ」「レ~ミ」「ファ~ソ」「ソ~ラ」「ラ~シ」のそれぞれが長2度で、「ミ~ファ」「シ~ド」が短2度です。

つまり2つの音の距離が全音である2度を長2度といい、半音であれば短2度ということになります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長6度と短6度

長6度と短6度

音程って何だ?
完全4度

完全4度

長3度と短3度

長3度と短3度

長7度と短7度

長7度と短7度

「度」と「音」
完全5度

完全5度

Menu

HOME

TOP