開放弦から始まるAマイナーペンタトニック

3つの「型」を使ったペンタトニックスケールの練習はやっていただけましたか?

あの3つの「型」をカンペキにマスターしていたら開放弦から始まるペンタトニックスケールは簡単です。

ベースという楽器はポジションが異なるけど同じ音(異弦同音)が複数存在しているので、3つの「型」を覚えていたら開放弦から始めても「型」は同じのままです。

第1のポジション

前回は4弦5フレットのA音「型」を覚え始めましたが、今回は3弦解放のA音から型に合わせてみましょう。

解放からのAペンタトニック

1本弦が少なくなったので音数がクスなくなりましたけど、実際の型は前回の第1のポジションと同じ型です。
(4弦を使ってのいいのですが、覚える型が増えてしまいますので、ココでは4弦を使わないようにしました)

最後に・・・

「え?」と思われるかもしれませんが、ココでは第1のポジションだけを覚えておけば十分で、第2・第3のポジションはやりません。

なぜなら、このポジション移行は前回練習した3つの「型」とポジションが重複してくるのでやる必要がないのです。

前回は最後に3つの型を自由に往復する練習をしましたが、今回のポジションも覚えたら前回同様に今回のポジションと今までの3つの型を自由に往来できるように練習してみると良いですよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP