Dマイナーペンタトニックスケール

Aマイナーペンタトニックスケールの練習では4弦5フレットのA音から3つの型をスタートしましたけど、あれを単純に4弦の10フレットのD音から同じ事をすればDマイナーペンタトニックスケールの出来上がりです。

ただ、コレだとハイフレットになりすぎて普段少し使いにくいので、もう少しローフレットで練習していきたいと思います。
(後でポジションの確認だけしましょう)

第1のポジション

型が増えると覚えるのが大変になりますので、ここでは1弦~3弦の3本の弦を使って今までと同様の練習をしましょう。

まずは第1のポジションです。

D第1のポジション

4弦を使っていないので音数が少ないですけど、「型」自体は同じですから覚えやすいはずです。

それでは実際に弾いてみましょう。

D第一譜

音数が少ないので余計に往復しています・・・

またこのフレーズも丸暗記したり、正しく弾くことにこだわる必要はありませんので、第1のポジションをシッカリ覚えることに力を注ぎましょう。

第2のポジション

今まで通り、第1のポジションの型の右辺と第2のポジションの左辺が重なっていることに意識して確認していきましょう。

D第2のポジション

ポジションの確認ができたら、実際にベースで弾いてみましょう。

D第二譜

次に第1のポジションから第2のポジションまで上昇下降で往復してみます。

D第一と第二譜

何度も書いていますけど、フレーズを正しく弾くことや性格に暗記することはここでは重要ではありません。

ポジションの「型」と、どこのポジションが重なっているのかを意識することが大切です。

第3のポジション

最後に第3のポジションの型を確認しましょう。

D第3のポジション

今までで一番フィンガリングが楽ですね。

それではこの第3のポジションを実際にベースで弾いてみましょう。

D第三譜

もうここまでくると随分慣れてきたことかと思いますが、今までのパターン通り第1のポジションから第3のポジションまで上昇下降で往復してみましょう。

D第一と第二と第三

ここまで練習ができたら、またAマイナーペンタトニックで最後に練習してみたように第1のポジションの型から第3まで自由に移動するフレーズを作ってみましょう。

ここでは譜例は挙げませんので、一度自由にやってみて、ポジションの型が不安になるようであればポジションの型をキチンと覚えられていない証拠ですので、また第1~第3のポジションを単体で弾いてみる練習からやり直してみましょう。

おまけ

それでは4弦10フレットのD音からの3つのポジションの型をみていきましょう。

ハイフレットでDペンタトニック

第1のポジションからすでに1~3弦をを使ったポジションと重なってきているので、Aマイナーペンタトニックスケールの練習と1~3弦を使ったDマイナーペンタトニックスケールの練習をされた方は、ここはサラっと流すだけで十分でしょう。

このようにペンタトニックスケールの3つの型を覚えれば繋げてベースの指盤を幅広く使えるようになります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP