完全4度

「ドレミファソラシド」の「ド」から数えて「ファ」の音は4番目。
つまり、ドとファは4度の関係です。

ここで4度は前回までに出てきた2度や3度の音程のように「長」や「短」は付きませんので「完全4度」という言い方をします。

例えば長3度音を半音下げると短3度になりましたが、4度の音を半音下げると長3度の音と重複してしまいますので、「短4度」という言い方はしないのです。
(半音上げるとSus4といいます)

それではベースの指盤上で4度のポジションを確認してみましょう。

4度のポジション

基準となる音から見て同じフレットの1弦下が4度になります。

図では「ド」の音である3弦3フレットから見て4度の音は2弦3フレットの「ファ」の音が4度ということになります。

同じフレットだから覚えやすいですね。

また4度の音は1度(ルート)と響きの相性も良いので完全協和音とも呼ばれます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長6度と短6度

長6度と短6度

長2度と短2度

長2度と短2度

音程って何だ?
長3度と短3度

長3度と短3度

「度」と「音」
完全5度

完全5度

長7度と短7度

長7度と短7度

Menu

HOME

TOP