ダイアトニックコードの構成音を確認する

ダイアトニックコードの構成音をベースのフィンガーボード上で確認していきます。
ここでは前回説明したようにIM7とIVM7が本当に同じ運指で良いのか?IIm7とVIm7でルート音が変わっているのに何故運指が変わらないのか?などをボンヤリとでも掴んでもらえればOKです。

例としてCメジャーキーでのダイヤとニックで確認していきましょう。

まずはじめに

まずはじめに、Cメジャーのダイアトニックコードは当然Cメジャースケールで使われる音で作られていますので、ベースのフィンガーボード上でのCメジャースケールの音を確認しておきましょう。

Cメジャーの配置

フィンガーボード上のドレミ(CDE)の位置を配置しました。

今のところこの表を丸暗記する必要はないのでザックリとメジャースケールですから「ド(C)」から数えて全全半全全全半の並びになっていることと、ダイアトニックコードは「ドミソシ(CEGB)」「レファラド(DFAC)」という感じで音階を一つおきに積み上げたものだということだけ思い出しておいてください。

IM7 ドミソシの場合

CメジャーのダイアトニックでIM7は「ドミソシ」の音の積み重ねでしたね?

4弦8フレットの「ド」の音から「ドミソシ」のポジションは下記のようになっています。
(一例です)

IM7

このポジションは一例ですので、皆さんが引きやすいポジションの「ドミソシ」があるようでしたら、それを使えばOKです。

でも、このポジションがいわゆるロックンロールやブルースなどで頻出のよく使われるポジション使いなので、特にこだわりがなければコレでOKだと思いますよ。

IIm7 レファラドの場合

CメジャーのダイアトニックでIIm7は「レファラド」になります。
4弦10フレットの「レ」殻始めると、次のようなポジションになります。

IIm7

3弦の「ファ」から「ラ」まで4フレットの距離があって引きにくいようなら、別のポジションで弾いてみてください。

IIIm7 ミソシレの場合

IIIm7はミの音から「ミソシレ」と積み上げていきますので、3弦7フレットの「ミ(E)」からみると次のようなポジションになります。

IIIm7

ベースのフィンガーボード全体で見ても、3弦フレットの「ミ」ではなくとも、4弦12フレットなど異弦同音でも同じフィンガリングでOKということがわかりますね。

IVM7 ファラドミの場合

CメジャーのIVM7はファラドミの音の積み重ねです。

3弦の8フレットの「ファ」からのポジションを確認すると次のようになります。

IVM7

このIVM7とIM7を比較すると、構成音は「ドミソシ」と「ファラドミ」って感じで全然異なるのですが、同じメジャー7thなので、音が変わってポジションが変わっても運指自体は変わりません。

当然VIM7であってもルートの位置が変わるだけで運指は変わらないということですね。

V7 ソシレファの場合

V7はCメジャーでは「ソシレファ」になりますね。

3弦の10フレットの「ソ」の音からポジションを確認すると下のようになります。

V7

メジャー7thと比べると、7度のポジションが半音下がった感じです。

VIm7 ラドミソの場合

Cメジャーで6番目の音は「ラ」ですから、VIm7は「ラドミソ」の音で作られることになります。

「ラ」の音、つまりA音は4弦の5フレットなどになりますので、そこからVIm7のポジションを確認してみましょう。

VIm7

メジャーの場合と同じ考え方なのですが、今回のVIm7はIIm7やIIIm7と同じマイナー7thのコードですので、ルート音とルート音を含む構成音はそれぞれ異なっていますが、同じマイナー7thですからフィンガリングは同じでいいということです。

VIIm7(♭5) シレファラの場合

「マイナーセブンスフラットファイブ」と言うと、少し難しく感じてしまいそうですが、これも単純に「シレファラ」といった感じでCメジャーの音を一つ飛ばしで積み上げていることに違いはありません。

VIIm7(♭5)

VIIm7(♭5)は名前を聞くと難しそうですが、基本はマイナー系の7thコードですのでIIm7とかIIIm7とかVIm7と運指は似ていて、単純にそれらの5度の音が半音下がる(フラットする)から「マイナーセブンスフラットファイブ」なんですね。

単純にVIIm7(♭5)はマイナー系7thコードの運指から5度の音を半音下げたものということです。

さいごに・・・

今回は構成音がわかりやすいようにCメジャースケールで一通り見ていきましたが、DメジャーでもEメジャーでもフレットをずらして弾くだけで積み上げる音のポジショニングの位置関係は変わりません。

また今回の例のフレット以外でもあなたの弾きやすいポジションでも良いので一通り弾いてみましょうね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP