ドレミファソラシドもスケールの一つ

このサイトでも何度も「ドレミファソラシド」という音階が出てきますけど、これもスケールの一つです。

「ド」は「C」ですのでこのスケールをCメジャースケールといいます。

色んなスケールの基本になりますのでベースの指盤上でドレミを確認しておきましょう。

まずは弦1本で横移動してみましょう。

4弦の8フレットがCの音ですので、ココから弾き始めます。

ドレミファソラシド

4弦8フレットから数えて全全半全全全半のならびになっていますね?
(「全」=全音(2フレット) 「半」=半音(1フレット))

この並びを覚えておきましょう。

今度はさっき覚えた全全半全全全半で2フレット上げた位置から弾いてみます。

Dメジャー

この4弦10フレットはDの音ですからDメジャースケールということになり、1つの形(全全半全全全半)を覚えれば全てのキーの間ジャースケールを弾くことができるということです。

なんだかおトクですね。

つまりCの音から全全半全全全半と並べるとCメジャースケールになり、Dから並べるとDメジャースケール、Eから並べるとEメジャースケールという感じです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP