リディアン

チャーチモードの中で、ちょっとテンション高めな感じがするなんとも可愛い名前のリディアンモード。

リディアンはメジャースケールの4番目の音から弾き始めたもので、第3音が長3度になっているのでメジャー系のモードとしてカテゴライズされます。

メジャー系に分類されるモードはメジャースケールのポジションと殆ど大差がないので、例としてCメジャースケールのポジションとCリディアンのポジションを比較してみましょう。

・Cメジャースケール
Cメジャースケール

・Cリディアン
Cリディアン

メジャースケールの第4音を半音上げるとCリディアンになり、音程の距離はそれぞれ全全全半全全半になっています。

毎回同じ事を言いますが、モードを覚えるにはそれぞれの系統のスケールを比較すると覚えやすくて、このリディアンも「メジャースケールの4番目の音を半音上げる」としたほうが覚えやすくて、解りやすく実用的です。

リディアンモードはカラっとした印象でフュージョン系のプレイヤーに好まれてよく使われているような気がしますが、ご覧のとおり普通のメジャースケールと4番目の音しか違いがないので、この第4音をアピールしないとただのメジャースケールによるプレイになってしまいます。

つまり、リディアンはこの第4音が特性音(キャラクタリスティックノート)ということになります。

爽やかでカラッとした明るさが魅力のチャーチモードですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP