Eマイナーペンタトニックスケール

ここで練習するEマイナーペンタトニックスケールは、前回のDマイナーペンタトニックスケールの3つの「型」から単純に全ての音が2フレット高くなるだけですので軽い気持ちで取り組みましょう。

第1のポジション

ココでは3弦7フレットのE音を基準にポジションの型を当てはめていきます。

Eマイナーペンタトニック1

ポジションの確認ができたら実際にベースで弾いてみましょう。

今まで何度も似たような運指でペンタトニックスケールを弾いてきていますので、それぞれを混同しないようにルートの位置に意識をしてポジションの型を覚えるようにしましょう。

Eマイナーペンタトニック1譜

第1のポジションはマイナーペンタトニックスケールの基本中の基本となる型ですので、シッカリと覚えてしまいましょう。

それでは次に移ります。

第2のポジション

第2のポジションでは第1のポジションの型の右辺が第2のポジションの左辺と同じであることを意識して覚えましょう。

Eマイナーペンタトニック2

ポジションの確認ができたら実際に弾いてみましょう。

これもDマイナーペンタトニックスケールの練習をしたフレーズの2フレット高くしただけです。

Eマイナーペンタトニック2譜

「フレーズ」というほどのものではありませんね。

単にスケールを1本の現に付き2音ずつ順番に並べただけのものですから。

ただ複雑なフレーズよりも、このような単純なものの方が「型」を覚えやすいですから、簡単すぎてもいい加減にせずにジックリと弾くようにしましょう。

それでは第1のポジションから第2のポジションまで上昇下降で往復してみましょう。

第1と第二

ここでも第1のポジションと第2のポジションとの型に意識しながら弾いてみましょう。

第3のポジション

3弦から始まる第3のポジションはフィンガリングが楽で弾きやすいです。

それではポジションの型の確認をしましょう。

Eマイナーペンタトニック3

この第3のポジションの型を意識して1音一音弾いてみます。

Eマイナーペンタトニック3譜

次に第1のポジションから第3のポジションまでの型を上昇下降で往復していきましょう。

第1~第3上昇下降

ここまでの練習はテクニックを養うものでもフレーズを丸暗記するためのものでもありません。

覚えるのはたった3つの「型」です。

あとは3つの型をルート音を変えて使えることと、自由に型を行き来することだけです。

この練習は毎日少しずつでOKですので、毎日やってみてペンタトニックスケールをどのキーでも、どのポジションでも自在に使えるようになりましょう。

マスターする・・・ペンタトニックスケールが身につくには時間がかかるかもしれませんが、焦らず少しずつで良いので毎日やってみてくださいね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP