ナチュラルマイナーのダイアトニックコード一覧表

Im7 IIm7(♭5) ♭IIIM7 IVm7 Vm7 ♭VIM7 ♭VII7
Cm7 Dm7(♭5) ♭EM7 Fm7 Gm7 ♭AM7 ♭B7
♭Dm7 ♭Em7(♭5) EM7 ♭Gm7 ♭Am7 AM7 B7
Dm7 Em7(♭5) FM7 Gm7 Am7 ♭BM7 C7
♭Em7 Fm7(♭5) ♭GM7 ♭Am7 ♭Bm7 BM7 ♭D7
Em7 #Fm7(♭5) GM7 Am7 Bm7 CM7 D7
Fm7 Gm7(♭5) ♭AM7 ♭Bm7 Cm7 ♭DM7 ♭E7
♭Gm7 ♭Am7(♭5) AM7 Bm7 ♭Dm7 DM7 E7
Gm7 Am7(♭5) ♭BM7 Cm7 Dm7 ♭EM7 F7
♭Am7 ♭Bm7(♭5) BM7 ♭Dm7 ♭Em7 EM7 ♭G7
Am7 Bm7(♭5) CM7 Dm7 Em7 FM7 G7
♭Bm7 Cm7(♭5) ♭DM7 ♭Em7 Fm7 ♭GM7 ♭A7
Bm7 #Cm7(♭5) DM7 Em7 #Fm7 GM7 A7

各コードの機能と分類

ナチュラルマイナーのダイアトニック上でトニックはIm7、サブドミナントはIVm7、ドミナントはVm7に分類され、メジャーのダイアトニックコードと比較するとIとIVがマイナーコードになったものだといえます。

それぞれの機能は下記のようになります。

機能 コード 代理コード
トニック Im7 ♭IIIM7
サブドミナント IVm7 IIm7(♭5)、♭VIM7、♭VII7
ドミナント Vm7  

上記の中でトニックの代理コードとして「♭IIIM7」だけを記載していますが、「♭VIM7」であっても共通の構成音が多いので使用することが可能です。

それでは、それぞれのキーでのトニック・ドミナント・サブドミナントを一つずつ見てみましょう。
(同じようなことを繰り返すことになりますが・・・)

Cm7キーの場合

トニックはCm7で、代理コードとして♭EM7を使用することができ、共通音の多さから♭AM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントはFm7で、代理コードとしてDm7(♭5)と♭AM7と♭B7が使用されます。

ドミナントはGm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Dm7(♭5)⇒Gm7⇒Cm7になりますね。

♭Dm7キーの場合

トニックは♭Dm7で、代理コードとしてEM7を使用することができ、共通音の多さから、AM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントは♭Gm7で、代理コードとして♭Em7(♭5)とAM7とB7が使用されます。

ドミナントは♭Am7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、♭Em7(♭5)⇒♭Am7⇒♭Dm7になりますね。

Dm7キーの場合

トニックはDm7で、代理コードとしてFM7を使用することができ、共通音の多さから、♭BM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントはGm7で、代理コードとしてEm7(♭5)と♭BM7とC7が使用されます。

ドミナントはAm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Em7(♭5)⇒Am7⇒Dm7になりますね。

♭Em7キーの場合

トニックは♭Em7で、代理コードとして♭GM7を使用することができ、共通音の多さから、BM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントは♭Am7で、代理コードとしてFm7(♭5)とBM7と♭D7が使用されます。

ドミナントは♭Bm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Fm7(♭5)⇒♭Bm7⇒♭Em7になりますね。

Em7キーの場合

トニックはEm7で、代理コードとしてGM7を使用することができ、共通音の多さから、CM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントはAm7で、代理コードとして#Fm7(♭5)とCM7とD7が使用されます。

ドミナントはBm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、#Fm7(♭5)⇒Bm7⇒Em7になりますね。

Fm7キーの場合

トニックはFm7で、代理コードとして♭AM7を使用することができ、共通音の多さから、♭DM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントは♭Bm7で、代理コードとしてGm7(♭5)と♭DM7と♭E7が使用されます。

ドミナントはCm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Gm7(♭5)⇒Cm7⇒Fm7になりますね。

♭Gm7キーの場合

トニックは♭Gm7で、代理コードとしてAM7を使用することができ、共通音の多さから、DM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントはBm7で、代理コードとして♭Am7(♭5)とDM7とE7が使用されます。

ドミナントは♭Dm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、♭Am7(♭5)⇒♭Dm7⇒♭Gm7になりますね。

Gm7キーの場合

トニックはGm7で、代理コードとして♭BM7を使用することができ、共通音の多さから、♭EM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントはCm7で、代理コードとしてAm7(♭5)と♭EM7とF7が使用されます。

ドミナントはDm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Am7(♭5)⇒Dm7⇒Gm7になりますね。

♭Am7キーの場合

トニックは♭Am7で、代理コードとしてBM7を使用することができ、共通音の多さから、♭G7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントは♭Dm7で、代理コードとして♭Bm7(♭5)とEM7と♭G7が使用されます。

ドミナントは♭Em7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、♭Bm7(♭5)⇒♭Em7⇒♭Am7になりますね。

Am7キーの場合

トニックはAm7で、代理コードとしてCM7を使用することができ、共通音の多さから、FM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントはDm7で、代理コードとしてBm7(♭5)とFM7とG7が使用されます。

ドミナントはEm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Bm7(♭5)⇒Em7⇒Am7になります。

AmはCMの平行調になるので少し分りやすい感じがします。

♭Bm7キーの場合

トニックは♭Bm7で、代理コードとして♭DM7を使用することができ、共通音の多さから、♭GM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントは♭Em7で、代理コードとしてCm7(♭5)と♭GM7と♭A7が使用されます。

ドミナントはFm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Cm7(♭5)⇒Fm7⇒♭Bm7になりますね。

Bm7キーの場合

トニックはBm7で、代理コードとしてDM7を使用することができ、共通音の多さから、GM7をトニックの代理コードとして使っても違和感がありません。

サブドミナントはEm7で、代理コードとして#Cm7(♭5)とGM7とA7が使用されます。

ドミナントは#Fm7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、#Cm7(♭5)⇒#Fm7⇒Bm7になりますね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP