ハーモニックマイナーのダイアトニックコード一覧表

ImM7 IIm7(♭5) ♭IIIM7(#5) IVm7 V7 ♭VIM7 VIIdim7
CmM7 Dm7(♭5) ♭EM7(#5) Fm7 G7 ♭AM7 Bdim7
♭DmM7 ♭Em7(♭5) EM7(#5) ♭Gm7 ♭A7 AM7 Cdim7
DmM7 Em7(♭5) FM7(#5) Gm7 A7 ♭BM7 #Cdim7
♭EmM7 Fm7(♭5) ♭GM7(#5) ♭Am7 ♭B7 BM7 Ddim7
EmM7 #Fm7(♭5) GM7(#5) Am7 B7 CM7 #Ddim7
FmM7 Gm7(♭5) ♭AM7(#5) ♭Bm7 C7 ♭DM7 Edim7
♭GmM7 ♭Am7(♭5) AM7(#5) Bm7 ♭D7 DM7 Fdim7
GmM7 Am7(♭5) ♭BM7(#5) Cm7 D7 ♭EM7 #Fdim7
♭AmM7 ♭Bm7(♭5) BM7(#5) ♭Dm7 ♭E7 EM7 Gdim7
AmM7 Bm7(♭5) CM7(#5) Dm7 E7 FM7 #Gdim7
♭BmM7 Cm7(♭5) ♭DM7(#5) ♭Em7 F7 ♭GM7 Adim7
BmM7 #Cm7(♭5) DM7(#5) Em7 #F7 GM7 #Adim7

各コードの機能と分類

ハーモニックマイナーのダイアトニック上でトニックはImM7、サブドミナントはIVm7、ドミナントはV7に分類され、メジャーのダイアトニックコードと比較するとIがマイナー・メジャー7thになり、IVがマイナーコードになったものだといえます。
「マイナー・メジャー」って少し分りにくいですね・・・

それぞれの機能は下記のようになります。

機能 コード 代理コード
トニック ImM7 ♭IIIM7(#5)
サブドミナント IVm7 IIm7(♭5)、♭VIM7
ドミナント V7 VIIdim7

ここで出てくるVIIdim7はディミニッシュセブンといって、ルート音に短3度・減5度・減7度をそれぞれ加えたもので、ルート⇔3度、3度⇔5度、5度⇔7度のそれぞれの関係が全て短3度の距離になっていることが特徴であり、また構成音の内容から、どの音をルートにしても同じという特徴がある。

それでは、それぞれのキーでのトニック・ドミナント・サブドミナントを一つずつ見てみましょう。

CmM7キーの場合

トニックはCmM7で、代理コードとして♭EM7(#5)。

サブドミナントはFm7で、代理コードとしてDm7(♭5)と♭AM7が使用できる。

ドミナントはG7で、代理コードとしてBdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Dm7(♭5)⇒G7⇒CmM7となる。

♭DmM7キーの場合

トニックは♭DmM7で、代理コードとしてEM7(#5)。

サブドミナントは♭Gm7で、代理コードとして♭Em7(♭5)とAM7が使用できる。

ドミナントは♭A7で、代理コードとしてCdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、♭Em7(♭5)⇒♭A7⇒♭DmM7となる。

DmM7キーの場合

トニックはDmM7で、代理コードとしてFM7(#5)。

サブドミナントはGm7で、代理コードとしてEm7(♭5)と♭BM7が使用できる。

ドミナントはA7で、代理コードとして#Cdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Em7(♭5)⇒A7⇒DmM7となる。

♭EmM7キーの場合

トニックは♭EmM7で、代理コードとして♭GM7(#5)。

サブドミナントは♭Am7で、代理コードとしてFm7(♭5)とBM7が使用できる。

ドミナントは♭B7で、代理コードとしてDdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Fm7(♭5)⇒♭B7⇒♭EmM7となる。

EmM7キーの場合

トニックはEmM7で、代理コードとしてGM7(#5)。

サブドミナントはAm7で、代理コードとして#Fm7(♭5)とCM7が使用できる。

ドミナントはB7で、代理コードとして#Ddim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、#Fm7(♭5)⇒B7⇒EmM7となる。

FmM7キーの場合

トニックはFmM7で、代理コードとして♭AM7(#5)。

サブドミナントは♭Bm7で、代理コードとしてGm7(♭5)と♭DM7が使用できる。

ドミナントはC7で、代理コードとしてEdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Gm7(♭5)⇒C7⇒FmM7となる。

♭GmM7キーの場合

トニックは♭GmM7で、代理コードとしてAM7(#5)。

サブドミナントはBm7で、代理コードとして♭Am7(♭5)とDM7が使用できる。

ドミナントは♭D7で、代理コードとしてFdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、♭Am7(♭5)⇒♭D7⇒♭GmM7となる。

GmM7キーの場合

トニックはGmM7で、代理コードとして♭BM7(#5)。

サブドミナントはCm7で、代理コードとしてAm7(♭5)と#Fdim7が使用できる。

ドミナントはD7で、代理コードとして#Fdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Am7(♭5)⇒D7⇒GmM7となる。

♭AmM7キーの場合

トニックは♭AmM7で、代理コードとしてBM7(#5)。

サブドミナントは♭Dm7で、代理コードとして♭Bm7(♭5)とEM7が使用できる。

ドミナントは♭E7で、代理コードとしてGdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、♭Bm7(♭5)⇒♭E7⇒♭AmM7となる。

AmM7キーの場合

トニックはAmM7で、代理コードとしてCM7(#5)。

サブドミナントはDm7で、代理コードとしてBm7(♭5)とFM7が使用できる。

ドミナントはE7で、代理コードとして#Gdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Bm7(♭5)⇒E7⇒AmM7となる。

♭BmM7キーの場合

トニックは♭BmM7で、代理コードとして♭DM7(#5)。

サブドミナントは♭Em7で、代理コードとしてIIm7(♭5)とCm7(♭5)が使用できる。

ドミナントはF7で、代理コードとしてAdim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、Cm7(♭5)⇒F7⇒♭BmM7となる。

BmM7キーの場合

トニックはBmM7で、代理コードとしてDM7(#5)。

サブドミナントはEm7で、代理コードとして#Cm7(♭5)とGM7が使用できる。

ドミナントは#F7で、代理コードとして#Adim7。

ありがちなツー・ファイブ進行だと、#Cm7(♭5)⇒#F7⇒BmM7となる。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP