Take-Shit COCOBAT

「打撃系ベーシスト」と呼ぶに相応しいベースプレイ。

Take-Shitのベースプレイの大半はスラッピングであり、そのサウンドは極端なドンシャリ。

以前はスティングレイ系を使用していたが、ここ数年MOONのJBがトレードマークになっており、ベースボディに凹みがあるのはピックアップを取り除いたのではなく、スラップ時にボディに爪が当たらないように掘り込んだもの。

SansAmpBassDI(昔の)を愛用しており、特徴的なハードドライブサウンドはこれとAmpegSVTによって生み出されている。

一般的なベーシストと比較するとそのサウンドは軽く感じるのかも知れないけど、極端なドンシャリ音&オーバードライヴによる音数も多くパワフルなスラップスタイルは、自身のバンドであるCOCOBATの中においても一際存在感が目立つ。

バンドサウンドの低音を支えるといったベーシストとは異なり、スラップをするためのサウンド・スラップをするための楽曲・スラップをするためのバンドのよう。
あくまでも私個人的にですけど、COCOBATというバンド自体がTake-Shitにスラップをさせるために存在しているような感じがします。


         ,.-、
.        /゙(_ )、       ___
.        ( _ノ” i     /       \  COCOBAT!COCOBAT CRUNCH!
         ゝ、 〈  /   ―   ― \   COCOBAT!COCOBAT CRUNCH!
      ,〃 ヘ   ト/   ( ●) ( ●) ヽ
      7 , 弋 │     (__人__)   |
     i !  \ \        し′   /
     ヽ ゝ、   .>         _/
.        `>`- ,_   ,.-、       \
.         〈       ̄  ´)       |   ハ
          ゝ–― -、__.ノ        |>  !
           |        /`”” _/
            |        `く__, ィ”

しかし、COCOBATの楽曲いずれにおいてもTake-Shitのスラッププレイは圧巻で、ハード&ヘヴィなジャンルでスラップスタイルを多用するベーシストは多いけど、ここまでスラップベースプレイを前面に押し出すバンドは稀有。

ところで、Take-shitは大のプロレスフリークでもありCOCOBATというバンド名もボボブラジルの得意技から由来しており、曲名にもプロレステイストがチラホラと・・・

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP