長7度と短7度

7度の音程には、2度・3度・6度と同じように長音程と短音程があり、5つの全音と1つの半音の距離にあるものを長7度といい、4つの全音と2つの半音の距離にあるものを短7度といいます。

例えば「ド」からみて「シ」は長7度で、「レ」から見てオクターブ上の「ド」は短7度になります。

01_8_1

今のところは何の音と何の音なら長7度なのか、短7度なのかなどを丸暗記する必要はありませんが、特に短7度の音はブルージーな雰囲気を演出するポイントだったりしますので、軽く「ドから見てシが7度なんだな・・・」「短7度の音はブルースっぽさを出せるんだな・・・」程度に覚えておきましょう。

またベースの指盤上で7度のポジションは下のようになります。

長7度
長7度

短7度
短7度

オクターブの半音下が長7度のポジションで、さらに半音下げると短7度ということです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

完全4度

完全4度

長6度と短6度

長6度と短6度

「度」と「音」
長3度と短3度

長3度と短3度

音程って何だ?
完全5度

完全5度

長2度と短2度

長2度と短2度

Menu

HOME

TOP