ピッキングトレーニングその2

スムーズなピッキングができるようになったら、色んなテンポで弾ける練習をしてみましょう。

このトレーニングではさらにスムーズなピッキングを身に付けることと、自分が今何音符で弾いているのか意識するためのものです。

ピッキングその2

2分音符の部分や4分音符の部分は退屈かもしれませんが、調子に乗って速いテンポで練習し始めると16分音符のあたりでキツくなってくるので、慣れるまではゆったりと無理のないテンポで弾いてみましょう。

このような練習にはメトロノームを使って練習することをオススメしますが、メトロノームはあまり細かい音符で鳴らさずに拍の頭だけとか、小節の頭だけクリックを鳴らして練習するといいです。

また、ノリの良いテンポだとスムーズに弾けても、ゆったりとしたテンポでは案外メトロノームにピッタリ合わせるのが難しかったりしますけど、落ち着いて丁寧に弾いてみましょう。

全く早く弾けるようになる必要はありませんし、安定したリズムで弾けるように心がけてください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP