ジョン・ディーコン John Deacon

今や伝説とも呼ばれるロックバンド「Queen」のベーシスト。

非常に個性的なメンバーがそろうQueenというバンドの中において、ベーシストの地位である以上にその人柄やベースプレイにおいて実にベーシストらしいベーシストと言える。

超一流のエンターテイナーであるヴォーカルのフレディーマーキュリー、カーリーヘアと手作りのギターでお馴染みのスーパーギタリストであるブライアンメイ、演奏技術はもちろんハスキーな歌声と息を飲む様なイケメンっぷりの風貌を持つドラマーであるロジャーテイラーといった強烈な面子を揃えたスーバーバンドであるQueenの中においてベーシストであるジョン・ディーコンという人物は恐ろしいまでに「普通」である。

派手なプレイもしない、突拍子も無いサウンドは使わない、素晴らしい歌声というワケでもない、類稀なルックスを持つわけでもない、あまりにも普通である・・・しかし、このジョン・ディーコンという人物でなければQueenというモンスターバンドのベーシストは勤まらなかったに違いない。

ただし「スーパーベーシスト」や「稀代の名手」などといったありがちなベーシストへ送られる言葉はジョン・ディーコンに当てはまることは無いかもしれないが、Queenという個性派プレイヤー集団を上手くコントロールし、その温厚な人柄からメンバーの信望を集め、さらには彼が作曲した数は少ないながらもジョン・ディーコンが作曲した曲はQueenの楽曲の中でも「名曲」と呼ばれる。

彼の作曲したものには「You’re My Best Friend」「Another One Bites the Dust」「I Want to Break Free」などがあり、いずれもベースの技術やメロディーラインなど自身のパートをアピールするものではなく単純に楽曲として優れており、特に「Another One Bites the Dust」などはビルボードチャートの1位を獲得しQueenの最大のヒット曲との呼び声もちらほら・・・。

また、電子工学系の大学を卒業しメカニックに強かったジョン・ディーコンは音楽の演奏や作曲面だけではなく、オリジナルのエフェクターの作成や、ブライアンのために小型のアンプを作成するなど自身の得意分野で大きくバンドに貢献している。
(このアンプは通称DEAKY AMPといい、ブライアンの独自のサウンドメイクに大きく貢献する)

最後にジョン・ディーコンという人物を如実に表すフレディー・マーキュリーの言葉を一つ紹介しておく。
「ジョンとは喧嘩にならないんだ。答が返ってくるのに1日かかるから」


         ____
       /      \
      / ─    ─ \  なるほどな・・・
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─–⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

この一言で何となくジョン・ディーコンという人物がわかるような気がする・・・

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP