ロクリアン

ロクリアンは7つのチャーチモードの中でも異色な存在です。

メジャースケールの7番目の音から弾きはじめるとロクリアンになりますが、このモードがメインに使われることは殆どありません。

実際にロクリアンを曲中で使おうとしても音が衝突したり音が濁ることもしばしばあり、モードとして使うとロクなことになりません。

モード中の各音は半全全半全全全の並びになっていて、第3音が短3度なのでマイナー系のモードになります。

ここで、今まで他のモードであればメジャー系のモードはメジャースケールのどこか1音変わるだけで、マイナー系のモードであればナチュラルマイナースケールのどこか1音が変わるというものでしたけど、このロクリアンはナチュラルマイナーの第2音と第5音が半音低いものになっています。

例としてCマイナースケールとCロクリアンのポジションを比較すると次のようになります。

・Cナチュラルマイナー
Cナチュラルマイナー

・Cロクリアン
Cロクリアン

少し特殊で使いどころの非常に難しいモードだといえます。

第2音が短2度(♭9th)で不安定な感じが強い上に、5度までフラットしているというレアな音階ですので、一般的な楽曲で使われることは殆どありません。

でも、独自の音楽を求める方には面白い研究材料になることでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP