4度はサスフォー(Sus4)

ごくシンプルなコードは「ド・ミ・ソ」の3つ、つまりルート音と3度と5度の音で作りますが、それ以外の音が登場する場合があります。

ルートに対して4度の音(ドがルートの場合のファ)が入る場合、コレはサスフォー(Sus4)と呼ばれます。
(「サス」は吊り上げるという意味です)

ルート音+4度+5度でできたコードです。

3度の音を半音下げるとマイナーコードになりましたが、逆に3度の音を半音上げると4度になり、コレをサスフォー(Sus4)といいます。

Cメジャースケールで3度の音を半音下げると、♭Eになりますけど、半音上げるとFになってしまいますからね。

少し解りにくいかもしれませんが、Cからみて3度というと「E」になりますよね?この「E」が半音下がると「♭E」になりますけど、フラットがついてもEであることには変わらないことに対して、半音上がると「♯E」にはならずに「F」という別のコードになってしまうのです。

ちなみにこのサスフォーはSuspended Fourthといって、楽譜上では「Sus4」と書きます。

Cのサスフォーなら「C Sus4」ですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP