Cメジャーのダイアトニック

繰り返しますが、IM7、IIm7、IIIm7、IVM7、V7、VIM7、VIIm7(♭5)の7つはとても重要なポイントなので、シッカリと丸暗記してください。

それではCメジャーキーでこのダイアトニックコードを作ると下のようになります。

Cメジャーダイアトニック

上の譜面を見ればその通りなんですけど、それぞれの構成音は次のようになっています。

  • ドミソシ・・・IM7
  • レファラド・・IIm7
  • ミソシレ・・・IIIm7
  • ファラドミ・・IVM7
  • ソシレファ・・V7
  • ラドミソ・・・VIM7
  • シレファラ・・VIIm7(♭5)

この構成音は特段丸暗記する必要はありません。

CメジャーキーのダイアトニックはCメジャースケールで一つ飛びの音で作られていることと、IIm7・IIIm7・IVM7・・と数字やメジャーマイナーが変わっていってもそれぞれのトニックから始まって、いずれも同じように一つ飛ばしで音を積み重ねていることが理解できれば十分です。

例えばCメジャースケールの「ドレミファソラシ」の7つの音だけでメロディを作ったとして、そのメロディにコードを付けるとすれば同じく「ドレミファソラシ」の音を使ったコードならそのメロディにマッチすることが容易に想像できるでしょ?

これがダイアトニックスケールのあらましです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP