裏拍の練習

少し変わった練習をしてみましょう。

まずは、メトロノームを用意してゆっくりとしたテンポで鳴らしてみてください(BPM:90くらい)。

次にメトロノームに合わせて右足でも左足でも良いので足踏みでリズムキープしてみましょう。

段々ノってきましたか?

それでは、足踏みをキープしたまま小説の頭でうなずいてください。
軽くヘッドバンギングするような気持ちでね。

ウンタンタンタン・ウンタンタンタン・ウンタンタンタン・・・・と、「ウン」のところでうなずく感じです。

できた?

ココまで準備ができたら次の譜例を弾いてみましょう。

裏拍の練習

足踏みの裏で弾くイメージです。

スムーズに弾けましたか?

とても簡単なフレーズですけど、身体でリズムを刻みながら裏で弾くのは案外難しかったりします。

特に私たち日本人は裏が苦手な民族ですから、足踏みで表を取りながらベースで裏を弾けなかったりするんですよね。

この練習は、そんなに必死になってやる必要はありませんが、これがスムーズにできないと裏拍をとるのが苦手だともいえるので、思い出した頃に時々やってみてください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP