メジャーペンタトニックスケール

メジャーペンタトニックスケールに関しては、あまり深い説明や練習は必要ありません。

なぜなら今までマイナーペンタトニックスケールで3つの型を練習してきたあなたは既にメジャーペンタトニックスケールを弾けるようになっているからです。

1つだけ最もメジャーペンタトニックスケールの基礎ともいえる一つのポジションの型だけ確認しておきましょう。

例えばAメジャーペンタトニックスケールの型は下のようになっています。

Aメジャーペンタトニックスケール

いかがですか?なんだか見覚えがありませんか?

コレは今まで「第2のポジションの型」として覚えてきたものと全く同じ形なのです。

つまり、マイナーペンタトニックスケールの第2の型として覚えたものをルート音にあわせればそれでメジャーペンタトニックスケールの出来上がりというワケです。

もちろん第1のポジションや第3のポジションと繋げることができますから「型」を1つずらせばマイナーペンタトニックスケールがメジャーペンタトニックスケールに早変わりということです。

これは「スケール」のカテゴリのCメジャースケールが弾けるとAマイナースケールが弾けるという話でも出てきた平行調によるものです。

第1のポジションの型のルート音からみて、このメジャーペンタトニックスケールのルート音の位置は3度に当たりますからちょうど平行調の関係になるということです。

ここではあまり難しいことは考えずにシッカリマイナーペンタトニックスケールの3つの型を覚えて、第2のポジションの型から弾き始めればメジャーペンタトニックスケールになる!と覚えておきましょうね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP