ツーファイブ

ツー・ファイブはその名前の通りダイアトニックコードの2番目のコードから5番目のコードへ移るコード進行のことです。IIm7⇒V7の流れですね。

このツーファイブのコード進行は強い不安定感から解決へ向かう期待感を演出する効果があり、JAZZをはじめポピュラーミュージックやロックなど幅広いジャンルで使用されています。

実際にはこのツーファイブの後に来るIM7によってはじめて安定感を生み出すことができるので、使用法としてはIIm7⇒V7⇒IM7となることからツーファイブ・ワンとも言います。

例えばCメジャーキーであればDm7⇒G7⇒CM7となりますね。

ツーファイブ

また、実際に指盤上でツーファイブ・ワンのポジションを確認するとわかりやすいのですけど、「ツー(IIm7)」と「ファイブ(V7)」と「ワン(IM7)」のそれぞれのルート音は4度の関係になっています。

ツーファイブ4度の関係

それぞれ4度の関係になっていますね?
コレを「4度進行」といいます。

ドミナントの前にサブドミナントを置く例を以前に紹介しましたが、そのサブドミナントとしてIIm7を使うことによって、とてもまとまりのあるコード進行になり、コレをツーファイブ(ツーファイブ・ワン)というのです。

この手法は様々なジャンルで多く使われる「コード進行の常套句」とも言えるものですので是非とも覚えておきましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP