イコライザー

イコライザーの役割は持ち上げたいベースの周波数を持ち上げたり、逆に抑えたい周波数の音を下げるなどの役割があります。

例えば芯のあるサウンドが欲しい場合はミドルを挙げたり、低音が欲しい場合にベースを上げ、コリッとした繊細な音が欲しい場合にはトレブルのレベルを上げるといった感じです。

サウンドメイクにはベースのアンプにもイコライザーは付いていますが「ここぞ!」というときにサウンドを強調したり、さらにきめ細かい音作りをしたい場合などに試用されます。

使い道としては、先ほど挙げたようなポイントでイコライザーをONにしたり、常時ONとしておくなど様々な使い方ができます。

ベースのイコライザーには大きく2つ「グラフィックイコライザー」と「パラメトリックイコライザー」のタイプに分類されます。

グラフィックイコライザー

どの周波数を上げる(下げる)が視覚的にわかりやすい特徴を持つのがグラフィックイコライザーです。

操作したい周波数をスライダーで上げ下げするものが多い。

パラメトリックイコライザー

周波数を決めて、その周波数の幅を操ることによってイコライジングするのがパラメトリックタイプです。

グラフィックイコライザーと比べると、思った周波数を操作するのに慣れが必要になりますが、その代わりに音質の劣化が少ない特徴があります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ベース本体

ベース本体

オーバードライブ
コンプレッサー

Menu

HOME

TOP