Cメジャースケールが弾けるとAマイナースケールが弾けるという話

Cメジャースケールは「C」の音から全全半全全全半の順でしたね?
それに対してマイナースケールは全半全全半全全と並んでいます。

1つの例としてAマイナースケールをベースの4弦だけで弾いてみましょう。(Aは4弦5フレットなどです)

Aマイナースケール

何となく気付きました?実はこのAマイナースケールの構成音は前回弾いてみたCメジャースケールと同じなんです。

違うところは弾き始めの音だけですね。

4弦上でのCメジャースケールとAマイナースケールの関係をポジションで確認すると下記のようになります。

ポジションの確認

CメジャーとAマイナーをもう一度それぞれ確認してみましょう。

まずはAマイナーです。
Aマイナースケール

次にCメジャーです。
Cメジャースケール

Cメジャースケールが明るい感じだったのに対して、Aマイナースケールを弾いてみると、随分暗いメロディーに感じたと思いますけど、実は始まりの音(ルート音)が違うだけでベースの指盤上では同じフレットを使って、同じ音を弾いています。

つまりベースの指盤上でCメジャースケールを使うフレットを把握できればAマイナースケールも弾けるということです。

ポイントとしては何かのメジャースケールと3フレット後ろの音をルートにしたマイナースケールは同じ音(同じフレット)を使うということで、例えばCメジャーとマイナーは引き始めた音が違うだけ、GメジャーとEマイナーなども同じ関係ですね。

このような関係を「平行調」といいます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP