3つのマイナー系ダイアトニック

スケールで言えばメジャー系のスケールは1つしかなくて、「メジャースケール」だけしかなく、同様にメジャー系のダイアトニックコードも1つ覚えればOKでした。

でもマイナーのスケールにはナチュラルマイナー・メロディックマイナー・ハーモニックマイナーの3つがあってダイアトニックも3つになります。

覚えることが3倍ですね・・・

ダイアトニックコードはスケールの構成音の積み重ねでしたから、マイナー系のスケールが3つあればそれぞれナチュラルマイナーのダイアトニック、メロディックマイナーのダイアトニック、ハーモニックマイナーのダイアトニックがあるということです。

さて、メジャーのダイアトニックではIM7、IIm7、IIIm7、IVM7、V7、VI7、VIIm7(♭5)でしたが、3つのマイナーではどのようなダイアトニックになるのか簡単に見ていきましょう。

ナチュラルマイナーのダイアトニック

ナチュラルマイナーのダイアトニックでは、Im7、IIm7(♭5)、♭IIIM7、IVm7、Vm7、♭VIM7、♭VII7となります。

メジャーと比較すると、IIIとVIIがそもそもディグリーにフラットがついているのですが、、これはもともとダイアトニック自体がメジャー系を基準に作られたものですのでマイナーのダイアトニックコードではフラットやシャープの表記で調整せざるを得ないんですね。

メロディックマイナーのダイアトニック

メロディックマイナーではImM7、IIm7、♭IIIM7(#5)、IV7、V7、VIm7(♭5)、VIIm7(♭5)となります。

Imにメジャー7thを加えるのでImM7という解りにくい感じになりますが、これは「いちマイナーメジャーセブン」と読みます。
なんだかメジャーなのかマイナーなのか分りにくいです。

ハーモニックマイナーマイナーのダイアトニック

最後にハーモニックマイナーではImM7、IIm7(♭5)、♭IIIM7(#5)、IVm7、V7、♭VIM7、VIIdim7となります。

VIIについている「dim」はディミニッシュのことで、ファンクショナルディミニッシュですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP