ディグリーネーム

本格的にダイアトニックコードの話に進む前に少し用語と記述について説明します。

今まで「ドレミ」や「C D E」などの音名で勉強してきましたが、この先ローマ数字(ディグリー)で説明することが出てきます。

このディグリーを使った説明はキーなどにとらわれず、コードの機能を説明するためのもので、キーがわかってもローマ数字の部分に対応した音を当てはめるだけで、どのようなキーでも対応することができるようになります。

例えば次のように表現します。

  • IM7
  • IIm7
  • IIIm7
  • IVM7
  • V7
  • VIm7
  • VIIm7(♭5)

ここでローマ数字の部分は度数を、「M」はメジャー、「m」はマイナーを表します。

「I」は数字の1で「II」は数字の2「III」は数字の3ですから、Cメジャーキーであれば、IM7はCメジャーセブンで、IIm7はDマイナーセブン、IIIm7はEマイナーセブンといった具合です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP