音楽用語辞典「チ」

     
   
     
 

チェレスタ

チェレスタ:Celesta

意味:鍵盤楽器の1つ、ハルモニウムのような外観

チェロ

チェロ:Cello

意味:ヴァイオリン属の大型弦楽器

チャーチモード

チャーチモード:Church Mode

意味:教会旋法のこと。現代のメジャースケールやマイナースケールの礎となった7種類の音階

チューニング

チューニング:Tuning

意味:調律すること。

調

ちょう:Key

意味:曲の基礎となる音・音階・コード

長音階

ちょうおんかい:Major Scale

意味:第3音が長3度となる音階。明るい響きが特徴

調号

ちょうごう:Key Signature

意味:各キーのスケールの構成を示す記号

長三和音

ちょうさんわおん:Major Triad

意味:ルート・長3度・完全5度からなる和音

長調

ちょうちょう:Major

意味:メジャースケールを基としたキー

跳躍進行

ちょうやくしんこう:Skip Progression

意味:3度以上離れた音へ跳ぶ進行

チョーキング・ビブラート

チョーキング・ビブラート:Choking Vibrato

意味:チョーキングで音程を上げた状態で、そのままビブラートをかける

チョッパー・ベース

チョッパー・ベース:Chopper-Based

意味:スラッピングのこと。主に親指と人差し指を使い、親指では弦を叩き(サムピング)、人差し指は弦を引っ掛けるようにして弾く(プル)

チョップ

チョップ:Chop

意味:主にギターで使われる奏法。実音を鳴らす直前にミュート音を連続で鳴らすことによって「タメ」の効果を出す

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP